風俗が好きすぎて経営者に

そこまで考えているからこそです

風俗では結構いろいろなことを考えるようにしていますね。適当というか、勢いに任せて遊ぶよりはとりあえずどういった時間になるのか、この子ならどうなるんだろうって風俗店のホームページに掲載されている女の子の画像を見てシミュレーションするんです。もちろんシミュレーションはシミュレーションなので、何も根拠はありません。根拠はホームページに掲載されているわずかな情報だけで、それをイマジネーションによって膨らませるんです。本当にそれだけなんですけど、でもそこでしっくりこないと指名したとしてもそこまで楽しめる訳ではないんじゃないのかなって気持ちになるので、やっぱり真剣に選んでこそなんじゃないのかなって。だから風俗で遊ぶ時にとにかく自分が重視するのは相手のデータです。シミュレーションするのもそれなりにデータがあってこそじゃないですか。それらを頭の中でいろいろとミックスさせて、「この風俗嬢なら楽しめる」と確信したら指名します。

珍しいことじゃないからこそ

風俗で遊ぶのはそこまで珍しい事じゃありません。定期的に遊んでいますので慣れたものです。ホームページをある程度チェックしてトータルで考えるようにしているんですよ。クーポンに惹かれるケースもあれば、女の子に惹かれるケースもありますけど、どのような状況であれそれなりに良いものを選んでって形ですよね。その時選べるであろう自分のベストの選択。それが風俗の隠されたテーマです。だから風俗で遊びたいって思っても、良い子がいないなって思ったらその時は諦めます。妥協して遊ぶようなものでもないと思うんですよね。妥協して選んでも、自分がノリノリで選んでもお金は変わらないし、それに自分の気持ち的に、やっぱりそれなりに積極的な方が時間そのものも結局は楽しかったりしますしね。だから風俗で遊ぶ時には自分の中で妥協せずに遊べるのかどうかと言うこともまた、とっても大きなテーマになっているんじゃないかなって思っていますけどね。